ガレキク・作業ブログ

ブログ、3兄弟の一員です(笑)
ガレキクで作業したことなどを紹介したいと思います。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
生きてます・・・

4/26〜29 S耐久 菅生

 

4/30 の朝方帰って、午後から積み込みの手伝いして、夕方から富士に移動。

 

5/1〜4 FIA F4 富士

 

超ハードでした・・・

 

5/5は、さすがに休みましたが、今週土日で休むので他は出ていました。

 

 

 

S耐 菅生

 

ZN6のミッションが壊れましたのでOHしています。

 

4速が抜けるとのこと・・・

 

 

 

3.5基目ですので、少しだけ慣れたけども、やっぱり大変です。

 

エンジンもですが、洗浄が一番大変です。

【ノリの除去】と【細かいところの洗浄】は面倒です。

 

やっぱりメーカー純正のプーラーは使いやすいですね。

 

 

バラしながら洗浄?

洗浄しながらバラし?

この状態にするまでに、丸々1.5日かかります。

 

 

今回は、

 

壊れた1基

(特に問題ないけど)一度も開けてないのでOH

の2基をやっています。

 

バラバラにして、フルに洗浄して、棚にまとめて〜

 

 

直接の原因は不明なのですが、4速のスナップリングが飛んでました。

 

それで

 

シムが壊れ、ガタが出て、カウンターも壊れてしまいました。

 

 

自分がやったわけではないので詳細不明です。

 

インプット〜アウトプットは無事でした。

 

 

ここからが難しいのですが

 

どこまで部品交換するか?

トラブルが出てのOHですので、全部交換したいけど、けっこうな金額でしょう。

 

 

カウンターシャフトは交換しないとダメなので

 

3⇔4速 関係全部

 

かな?

イマイチ・・・

自分的に、魅力を感じない【ZN6 ハチロク】です。

良い車なのかもしれませんが【エーイー派】なもので・・・

 

【ハチロク】という名前でなかったら、印象が違うのかも(笑)

 

さて

 

S耐久 開幕しました。

 

今年は

【タイヤ係長】+【ミッション係長】となりまして、1.5基組んでいきました。

 

木曜日 搬入日

金曜日 約60分を2本

土曜日 予選

日曜日 レース

 

というスケジュールです。

 

個人的には、

ミッション1基で通して、壊れたら交換がお金もかからなくて良いと思っていました。

 

1基目は、

何キロ走っているのか?

いつOHしたのか?

OHしたとしても何をしたのか?

まったく不明(笑)

 

 

 

問題なく、金曜日終了。

 

ここでミッション

そのままでいくか?

交換するか?

 

 OHしたとはいえ試すことは出来ないし、試してもいない。

◆OH済みに換しても壊れる可能性もある。

 信頼といえば今まで問題が無かった方が上。

ぁ〇箸辰討靴泙Δ箸金もかかる。

上記により、そのままをオススメしましたが交換となりました。

 

知り合いのところは、金曜日からレースまで、そのままでいくといってました。

ダメになってきたら交換するという感じで。

 

今のところ、本当にぶっ壊れたことはなく【3から4】【4から3】がしぶくなるとのことでした。

シンクロっぽい感じですかね。

 

 

 

金曜日の夜交換しました。

 

タイヤ係長なので、最近は車にもぐることが無かったのですが、

人手が足りず、ミッション降ろし、デフ降ろしに参加いたしました。

 

ウマの位置が低いし

寝板無いし、あっても首が上がらないし

工具は無いし

 

以上の理由により、超スローペースでの作業でした(笑)

 

板ラチェ考えた人って天才だな〜

って改めて思いました。

 

ミッション降ろし、デフ降ろしくらいの作業でしたら、

普段の仕事と変わらずですので、何も問題なく話しながら楽しくやりました。

 

首が疲れたけど、久しぶりに作業したし、楽しかったといえば、楽しかったかな?

 

 

 

今回載せたミッションは

 

ケースを開けたらキレイで、よく聞いたら新品だった・・・

という(笑)  (笑えないけど・・・)

 

なので、中身は新品で、6速とフォークとかだけ組んだやつです。

ギヤ自体はバラしてないけど、けっこうフォーク部分が面倒なんですよね。

 

ギヤは間違えようも無いので。

 

 

 

土曜日 OK

 

レース後に、ドライバーさんに聞いたら、

【ZN6 特有 3から4の カリッ】が少しあるとのことでした。

 

関係新品なんだけどなぁ

200キロくらいしかもたないのかな???

 

オイル交換したら良くなるかもしれませんけどね♪

 

 

 

ミッションに関しては問題なく終わったのですが、ここからがどうするか???

 

練習からレースまで通したのであれば、それ1基をOHすれば良いのですが、

練習とレースで2基使いましたしね。

 

どちらも使えるけど

 

1基は詳細不明

もう1基も少し【カリッ】

 

OHすれば良いのですが、時間も無いし、お金もかかる。

開ける人間としては、良くも悪くも部品を交換したいですしね。

 

ひとまず使いそうな部品だけ注文しておこう。

 

 

 

レース自体は、まだ車も出来上がってなくて、まだまだでした。

メカニカルトラブルは無かったので、コチラとしては問題なしですかね。

 

 

 

いろいろありましたが、お疲れ様でした。

 

片岡監督

 

ドライバー 3名さま

 

(有)フィールドさま

エンジンさん

あつしさん

 

すぅさん

ウチヤマクン

 

もてぎであったみなさま

 

 

 

 

珍しく記念撮影を・・・

 

 

 

 

 

岡山戻ったら、ミッションだなぁ・・・

ユウツ

憂鬱な季節がやってまいりました。

 

3/23〜25

FIA F4 のテストで岡山に行ってまいりました。

 

今年は、トラックに乗っていくようなので、それだけで憂鬱MAXです。

基本、運転が嫌いなので・・・

 

6時に出て、15時くらいかな?

岡山に到着しました。

 

到着し、荷物を降ろして、タイヤ係長の仕事が始まります。

 

若い衆に、ビニールを脱がしてもらい

その後、21セットのタイヤ神経衰弱の開始です。

 

作業は、いたって簡単で【並べるだけ】です(笑)

 

自分なりに、並べ方とかで拘りがあるので、ちょっと大変です。

 

適当に並べるだけならすぐだけど、

まとまってはいても、バラバラに並んでいたらわかりにくいですしね。

 

ここまでで、数時間かかるかな?

測ってはないけど、1時間では絶対に終わらないな・・・

 

 

 

お!

ココまとまってるね〜♪

 

と思ってみてみると、号車が違っていたり、右が2本あったり(笑)

結局【総入れかえ】です。

 

今度、バラバラにならないように、PPバンドで縛ろうかな。

 

【このタイヤラックは何号車】という自己ルールがあるので、それに合わせ入れかえです。

 

4〜6セット入れられるメガタイヤラックが台数分

あれば簡単なことなのですが、運搬の問題もあり、そうもいかないのです。

 

しかも今回は、ニュータイヤが12セットありまして・・・

 

レースのあとのような、ガレシールが無くて、いつも以上に整理に時間がかかりました。

 

 

シール貼るの、かなり面倒だけども、こういう時に楽なんです。

 

並べたので、

7セット、チッソに入れ替えをして、全タイヤを明日の冷間+αにしておきます。

 

ここまでで、3日の仕事の八割が終わりです。

 

段取り八分仕事二部

です(笑)

 

 

 

あとの2日は、流れに身を任せ・・・

無事に終了(笑)

 

 

 

今回のテスト、レースでは使用しないコンパウンドのタイヤが来たんです。

 

レース用のニュータイヤが、1セットしかなかったのですが、けっこう違うらしい・・・

 

ただ路面温度も低かったし、単純な比較は出来ないけど、違うらしい。

これじゃ練習にならないよねぇ・・・

 

例えば

【レースに向けてではなく、単純に乗る練習】

とか

【オーディション】

とかであれば

 

【チームに確認して、安くするとか】で、【OKならば】旧スペックを送ってきても良いだろうけど、

レース前にこんな旧型送ってきてもねぇ・・・

 

何を考えているのか???

 

組み換えだってお金かかっているし、窒素だって入れ替えたでしょ。

 

12セット=24本

1本1500円で組み替えと考えたって・・・

 

 

 

【グリップ】とか【セッティング】云々より

タイヤ係長としては、今回が、レース用タイヤだったら

 

岡山のレースに向け、今回のテストが終わって

1セットずつはニューが残り、走り始めのタイヤが残る

予定だったのです。

 

それが台無し

 

旧スペックを返品できそうなので、

1セットを履き潰して、かなりの距離になってしまったし・・・

 

走り始めも無いに等しい

 

 

 

搬入日、神経髄弱して、12セット組み換えです。

最低限の組み替えだけにするつもりですが、みんなが来ますからね・・・

 

タイヤを組み替えに出してしまうと走れませんしね。

 

前もあったけど、走行ギリで間に合ったりとか。

 

こればっかりは、自分がいけないわけではないですからねぇ

 

 

 

どうなることか考えるだけで憂鬱です。

 

完全な愚痴です(笑)

 

 

 

3日間お疲れ様でした。

 

ドライバー 4名 さま

 

(有)フィールドさま

ユウツなイトウヨ先生

あつしさん

 

濱野隊長

アスリートさん

ソルジャーさん

 

 

 

またよろしくお願いします。

タイヤ係長の仕事

書いたようなことを、淡々とすすめていきます。

 

レースの初日のタイヤ降ろし

一番大変な場所取り&まとめ

タイヤチケットの管理

タイヤの管理

組み替え

走行

 

など終わって、はやくもレースウイークも後半になりました。

 

【予選からレースまで、このタイヤを使う】

という決まりがあるので車検の時にマーキングをしてもらいます。

 

タイヤマーキングといわれるのは、金曜の夕方〜土曜の朝です。

 

マーキングしたら使えるのは、マーキングされたタイヤだけになります。

 

 

 

 

基本マーキングタイヤのみになりますので、

【帰りの段取り】

【次回の練習】

【次回のレース】

に向けて用意に入ります。

 

 

 

こんな感じで書いておきます。

 

この場合は

【4号車】【セット30】【距離53キロ】【左後】

です。

 

 

これを、ひたすらあるだけやります(笑)

レースで使うタイヤは、テープだけ書いておいて、レース終わったら、それを貼るだけにしておきます♪

 

 

書いて貼ったら(貼って書いたら?)ひたすらビニールをかける!

 

 

が!

ここでも面倒なのですが拘りがあります。

 

ガムテープの字の下にバルブがくるようにしているんです。

 

 

 

なぜ???

 

ビニールしたままで内圧を上げたい時があるんです。

 

練習時(レースでも)WETタイヤは使うかわからないけど、

準備をするのに内圧をやっておかないといけない時があるんです。

 

 

 

こうしていると、

ガムテープの下にバルブがあるのがわかるので少し楽なんです。

 

こういう風にしておかないと、

内圧やるとき半周くらいめくってバルブを探してエアを補充する感じになるのです。

 

1台なら疲れませんけど、何十セットとあると、ボデーブローのように効いてくるんです。

 

 

20セット(80本!)にテープを貼るのは、ものすごい面倒なんです。

 

【やっても】

【やらなくても】

【走行には全く関係ない】

んです。

 

けど、これをやらないと80本が全てバラバラになるんです。

 

ということは、それをセットにするは自分でして・・・

その何倍もの時間がかかります。

 

空気圧が、どうのこうのより、これが一番大変なんです(笑)

本当です。

 

 

 

本当は

こういうテープを作ってもらって、

色別で車ごとに分けるとかすると楽なんだけどな。

 

ガムテープ色分けも考えたけど、4つも使うのが大変なんですよね。

オートで、決まった長さで切れてくれると良いな。

 

 

 

 

みんなどうやって管理しているんだろう?

タイヤ係長の仕事

さて冷間の内圧のセット終わりました!

 

気温が急に上がったり、気温が急に下がったりした時は調整しますが、

今は一定と考えます。

 

 

 

では走行開始です!

 

スポーツ走行であれば、25〜45分

専有走行で60分くらい

だと思います。

 

 

 

一番難しいポイントなのですが・・・

 

どれくらいの気温

どれくらいの路面温度

どれくらいの周回で

どれくらいの内圧になるか?

 

なんです。

 

適当ながら練習でも予選を考えております。

 

 

 

目標の内圧を2.0キロとします。

 

30分の走行枠として

【30分走りきってピットインした時に2.0キロにする】

ならば、さほど難しいことはなく

 

 

 

難しいのは

予選30分だとしたら

 

【2周は温めて、そのあとアタックするから、このくらいの周回で、このくらいの内圧にしたい】

というリクエストです。

 

【30分走り終わって、2.0キロにする】

のと

【5周目に2.0キロにする】

のは、まったく違うんです。

 

 

 

例えば

冷間の内圧を、1.6キロにしたとします。

それで30分走って、2.0キロになったとします。

 

でも5周目に2.0キロにしたいならば、

1.6キロスタートでは低すぎるので、1.8キロとかにしないといけません。

 

ここが難しい(笑)

ビンゴみたいなものですかね???

 

 

 

ただ

【2.0キロ目標】が【2.2キロ】になろうと、正直そんなに影響は無く

よほど不揃いでなければOKのような気もします。

 

ので、ここはオナニーみたいなものなのかもしれません(笑)

 

 

 

個人的には

【内圧が低いより】は【高め】の方が良いと思います。

 

 

 

【走り方】

【走らせ方】

【セット】

が一定であれば、

【これくらい走れば、これくらい上がる】

というのがなんとなく見えてきます。

 

スプリントレースでしたら、走る時間が決まっていますので良いのですが、

耐久だとそうもいきません。

 

真夏ですと、どんどん内圧が上がってくるし・・・

内圧が上がるとタレてくるし・・・

 

ロングで走らせる時は別ですが(基本的に)予選を考えているので、

ピットインするつもりだったけど、30分走り続けた場合、目標内圧より上がってますが想定内です。

 

想定外でも平然としないとね(笑)

 

 

 

わかるかは別として・・・

 

走行後、運転手さんには、

(目標よりも上下していたとしても)

内圧の上がり方

フィーリング

を聞くようにしています。

 

 

 

続く

4/29の続き

さてさて

久々のタイヤ係長の仕事パート2でございます。

パート1は、4/29をご覧下さいませ。


http://oshigoto-blog.gara-kiku.com/?cid=37435

パート1の続きです。

 



翌朝(毎朝)サーキットに着いての最初の仕事は・・・

 

一番重要である

【冷間の内圧】

のセットです。

 

すぐにやりたいのも、やまやまですが・・・

タイヤラックに並んでますので、まずタイヤを並べます。
またも単純作業(笑)

 



こんな感じと思ってください。
下の丸いのはタイヤとバルブです。


 

並べたら、一番重要な【冷間時の内圧】のセットをします。

 

レース前に練習に行っていれば、自分で内圧がわかっていますので、

それをベースに、適当にやります・・・

 

わからない時は
去年だったり?
同じような気候のとき?


【冷間時の内圧】を渡されます。

前回は、こんな感じだったよ!


それに気温、路面温度を適当に考え(笑)
プラスしたり・・・
マイナスしたり・・・
して、その日の冷間時の内圧とします。



例えばこんな感じです↓



実際は、1.32とか、もう少し細かいです。

 

デジタルのエアゲージでないと読めません(笑)



まず、その日に使うであろうタイヤを並べます。
が、ミスしないよう、ガレ流(でもないか)のタイヤ並べかたがあります。



スペースにもよりますが、どちらかに並べております。



バルブの位置は、どの向きでも良いのですが、

何十本とやると、バルブを探すのに疲れるので、前向きにしています。



全部のタイヤが、
上の写真のように並んでいれば良いけど・・・

下の写真のように、

全部がバラバラに並んでいると、間違えそうですよね?

実際バラバラだと、何十倍と疲れます・・・




なので、少しでもミスの無いよう規則的に並べています。



さぁ!

並べしましたので、この内圧にセットをしましょう!



まず・・・

前日
【明日の冷間内圧より高めの一定】
にしておいた、【1.5】や【1.8】くらいであることを確認します。

気温の関係で上下しますが、だいたい揃っていればOKです。

例えば【1本だけ0.8】とかだと、抜けている可能性がありますので、
ムシや、ビードまわりのチェックをします。

ムシであれば交換
ビードであれば、タイヤ屋さんにもって行きます。
ホイールが割れるのも、たまにあるかな?

出来れば、何かあったタイヤはレースには使いたくないので練習用にまわします。
ホイールの関係で、しかたない場合もありますが・・・



したら
【1.5】【1.45】【1.4】【1.35】
と合わせていきます。

終わった!

と思うでしょ???

 

1回で終わる人もいるし、それが正解なのかもしれません。

 

が・・・

 

最後の【1.35】を測って
もう一度戻ると【1.5】に合わせたはずが【1.53〜1.56】くらいになっています。

なので再度合わせます。
だいたいこれを3〜4回やると落ち着きます。

これをやらず1回で終えると、

走行して翌朝冷間内圧を測ってみると、バラつきますし、

タイヤを外に出したりすると、全然変わってきます。

 

 

 

内圧が、去年のデータ通りで良かったり、落ち着いているときは良いのですが、

そうでない場合、昨日の走行したタイヤの冷間内圧をベースにします。

(当然ながら、比較はしますが・・・)

 

各セットがバラついているとベースにならないので、
正直面倒だし、時間かかりますが、きっちり測定&調整します。

 

それでも翌朝、測定調整する前にタイヤが日に当たってた・・・

とかだと、変わってしまいます。

 

 

 

朝一の、冷間内圧のセットは、一番気を使うところです。

 

 

 

続く

本編にも書きましたが・・・
こちらにも

Vitzは別ですが、最近レースに行っても、工具を持つことは、あまりなくなりました。

最近は【タイヤ係長】なのであります。
昇格か降格かは不明です(笑)

僕はレース屋さんではなく、修理屋なので、
やり方が良いのか?悪いのか?あっているのか?は不明です。

耐久は1台ですが、F4は、3〜4台!
サーキットに着いて、荷物を降ろし、僕の最初の仕事は・・・



タイヤのビニールを脱がすこと!

なんでもない単純作業ですが、本数があると大変なのです(笑)
(晴れっぽいならば、WETはそのままにしますが。)

耐久は、あっても9セットですが、
F4は、4セットが4台分(笑)

ビニールも前後違うので、前後で分けて保管します。

厳密に言えば・・・
ビニールのサイズは、だいたい同じだけど、サイズのシールが貼ってあるのです。

シール剥がすと切れますので、厄介なんですよね〜

シールを裏にすれば良いといえば、良いのですが、
サイズが書いてあると、ついその通りにしたくなるんですよね(笑)

サイズ無視もアリですが【シールを見ている人】もいますので、
やっぱりサイズ通りが良いのかな?

出来るなら
前後で色が違うとかだと嬉しい・・・




タイヤチケットの管理

タイヤ屋さんが来ていれば、
ライフ切れのタイヤがあれば、組み換えできる物は、出来れば組み変えします。

ただスリックだけではないので、ここが微妙。
楽をしたいので、出来れば組み換えをしたい♪

タイヤ屋さんが、来ていればタイヤを出してくる。



タイヤを組み替えに出さなかったタイヤのビニール外したら、
【エア漏れチェック】

【明日の朝の段取り】
のため、チッソを補充し、
【明日の冷間内圧より高めの一定】
にしておきます。

持ち込みのタイヤは、前回のレースの内圧になっているか、
組み換えをしたあとなのでバラバラなことが多く、
例えば【1.5】とか【1.8】とか一定にしておきます。

冷間内圧ギリギリの一定だと、
明日の朝の温度が、今より低いと、内圧が下がってしまうのです。
なので【少し高めの一定】にセットしておきます。

あまり高くすると、チッソがもったいないしね(笑)



一定にしたら、コレが一番大変です。
また単純作業ですが(笑)

自分以外の人が見てもわかるように、自分なりに???配置をします。

耐久とF4で、置き方が違うのですが

ゼッケン何番
走りはじめはコレ!
距離がいくつ!
とか



(荷物車)トラックが、すぐ近くに置いておければ楽なのですが
ピットもテントも、場所が限られてまして、コレもなかなか大変です。

耐久はピットですが、F4はテントですしね。

タイヤって、かさばるし・・・
係長は、いろいろ見ながら、徐々に場所を拡大&確保していきます。



組み換えのタイヤがあって出来てくれば

〜箸鵑瀬織ぅ笋離┘◆爾鬟船奪修貌れ替え
▲Ε┘ぅ箸鬟肇鵐肇
タイヤに、マーキングをする
ゼッケンいくつ、セットいくつ、バルブの位置、方向を、マーカーペンでと書く。

あと
汚いならば、出来るだけ清掃と、シリコンスプレーをサラっと塗布する。



ここまでやって、
なんとか搬入日の仕事が終わります。





続く???

 
今日は
アルテッツアのレース前メンテナンスをしてました楽しい

今週が最終戦です。
イベントもありますので、見に来られてはいかがでしょうか楽しい

これが終われば、今年のレースは終わりです楽しい
しかし、一年早いな〜

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.