ガレキク・作業ブログ

ブログ、3兄弟の一員です(笑)
ガレキクで作業したことなどを紹介したいと思います。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
NEW ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
カプチーノ EA11R デフ

EA11R デフ異音につき現品修理です。

 

分解してみると、シャフトのピンが折れていました。

 

 

 

 

サークリップも折れて(割れて)いました。

片側は行方不明でした・・・

 

 

フランジも溝が欠けていて左右共にダメでした。

 

ひとまず、全部分解して洗浄しました。

 

 

作業前から気になっていたことがありました。

 

デフサイドシムをどうするか?

 

ZN6(ハチロク)、JZX100ならば、全部のシムがあるので気楽なのですが、

EA11Rのシムは在庫がないので悩みどころです。

 

ただ6種類しかないので、今入っているのがあるので、4つ注文すればコンプリートとなります。

 

ですので・・・

まず計測してから分解して、どれが入っているか確認して、残りを注文することにしました。

 

 

 

計測したら、バックラッシュが0.3ミリくらい。

 

 

 

分解したら・・・

 

 

たぶん?

 

【一番厚い? 実測 2.45mm】

【一番薄い? 実測 2.19mm】

 

ぽいのが入っている・・・

これは参った。

 

 

 

ただそれが

【一番厚い】のと【一番薄い】のか?

は、新品が来て計測してみないとわからないので、そうでないことを祈り残りの4枚を注文しました。

 

部品が来て計測したら、悪いほうが的中でした。

 

ベアリング等、全部部品交換して、どれくらいバックラッシュが詰まるか?

しかありません。

 

 

 

全部組み立てて計測したら

 

基準値

0.1〜0.2mm

のところ

 

4箇所を3周での測定結果0.23〜0.28mm

 

もう少し詰めたいけど、詰めるには、シムを作らないといけない。

 

片側に薄いシムを入れることも考えたけど、その逆側は削らないといけない。

 

手で削れといわれれば、削れるだろうけど、斜めに削れますしね。

平面研磨しかないか・・・

 

 

 

シムを作るにしても、お金もかかる。

 

困ったときにお助けの、原田ファクトリーさんに電話しましたが考えは同じでして・・・

 

シムを作ったとしても、1枚だとキツいだろうし、数枚作らないとダメそう。

 

なので、ひとまず様子見ることにしました。

 

レース後のデフもそれくらいになってますしね!

 

 

6種類+前後3種類くらいは欲しいところです。

 

 

オリジナルで作ろうかなぁ

けど高いね(笑)

車検&整備 | 12:06 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.